プロノハーツは2019年10月から13期をスタートしました。皆さまにはお世話になりましてありがとうございます。今後も製造業の皆さまの3D活用をご支援していきながら、「ありがとう!」と皆さまにいっていただけるよう、新しい取り組みへもどんどんチャレンジしていきます。どうぞよろしくおねがいします。
 
当社の13期~14期の「志」は2つ。「アンテナ(送受信)」「Team Prono」です。「アンテナ」は、社内・社外の人を巻き込んで活動する場づくりを目的とした、情報の送受信活動です。「Team Prono」は、アンテナがはぐくむコミュニティーを活用して、社内外の方々とチームを組んで、製造業を活性させようという思いが込められています。
 
さて今回は1つ目の「アンテナ」の活動の一環、「note」をスタートいたします! noteではVRの活用事例や、プロノスタッフによる3DやVR/AR関連の技術Tipsなどを予定しております。noteのアカウントをお持ちの方は、ぜひフォローしてくださいね。
 
第一弾は、アクトリーさまのVR事例になります。
 
 
 
現在も、国内製造業のVR活用事例は公にされているものはそれほど多くありません。また、公にされている事例も大手企業の事例が目立ちます。プロノハーツでは製造業の公開可能な事例がいくつかあるため、皆さまにご紹介することで、製造業のVR活用普及に少しでも貢献できたらと考えています。また、今後もご紹介可能な事例が増えていくよう、引き続き「製造業VR」の普及活動を推進してまいります。
 
 
noteでは「Team Prono」としての企画も準備中です。ご期待くださいませ。