プロフェッショナルの心と志を持って

日置電機株式会社

開発段階で作る前に検証できるのでメリットを感じますね。

高価なソフトを購入しなくても、人体モデルを使用した感じで作業性検証することができます。今まで、設計データは3次元にも関わらず、表示ディスプレイは2次元であったため、思うような効果を発揮することが出来ずに、歯がゆいこともありました。しかし、pronoDR(ヘッドマウントディスプレイ)を使うことにより、没入感を持って、よりリアルな状態で検証することができます。人体モデルを使うより、リアルな感覚で検証できます。

装置画面の操作の位置を確認できるか、見てみます。そして、比較的背の低い人の目線で見ていて、実際にここで手が出るので手を出して、タッチパネル触れるかなぁ、とか、画面が認識できるかなぁ、ということで検証をしています。逆に背の高い人の位置はどうなのかなぁ、ということで背の高い人の位置・視線はこんな風に見えるね、と確認することができますpronoDRでは、視線高さを自由にかえることができることがとても大きな魅力です。

次は、普通の背の人のところに戻ってきて、メンテナンスのパネルのところにきて、ちゃんと、ドアがあけられそうかなぁ、とかこういうかたちで検証をしています。さらにここから、じゃあこのドアをくぐっていったときにメンテナンスのこの手が届くかなぁとかこういうかたちで、手が届くので、ちゃんとメンテナンスできるよね。こういうことを造る前に検証することができます。このような状態をプロジェクターを使ってみんなで検証します。出来れば、工具が出てくれるとうれしいですね。

装置の配線についていうと、今までは、装置が出来上がってからでないとケーブルの配線、取り回し等を検討することが出来ませんでした。pronoDRを使うことにより、事前にケーブルの引き回しを検討することもできます。3次元CADを使ってくれない現場の人たちにも使ってもらえる可能性があると思います。マウスではなく、ゲームコントローラーというのも理由の一つでしょう。

ゲーム世代の人たちが多いので(笑)。

組立でいうと、下から見た感覚は、3次元CAD、通常のディスプレイではとても出来ない感覚でした。開発段階で、作業者の体勢に無理がないか、視界は十分か、作業スペースは十分かなど没入感をもって検証することができました。

まだまだ欲しい機能はいくつもありますが、今後の開発に期待したいと思います。


日置電機株式会社

長野県上田市に本社・工場を置く日置電機は、創業81周年を迎える電気計測器の専門メーカーである。自動車や電子部品、環境・新エネルギー関連など幅広い産業分野をフィールドに、大型の電動試験装置から記録装置、電子測定器、現場測定機など約200機種を供給している。

お気軽にお問い合わせください TEL 0263-54-0097 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 株式会社プロノハーツ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.