プロフェッショナルの心と志を持って

株式会社デンソーエアクール

VRのおかげで事前検討が活発に!!

弊社の開発の特徴として、多品種少量生産で、短いサイクルで開発設計から製造までを行っています。今までも設計の段階で3次元CADモデルや2次元図面を用いて、設計社から生産技術・工程設計の人にデザインレビューを行っていました。ですが、それだけでは実際の操作性・作業姿勢や実感を伴ったスケール感などチェックし切れない部分があり、実際に製品を作ってから問題が発生し、修正するのに大きなお金と時間がかかっていました。

どうにか3次元CADモデルを見慣れない人からも活発な意見をもらえるような手段はないかと考えていたところ、VRを使えば解決できるのではないかと思い、VRシステムを導入することになりました。

pronoDRを導入したことで、まだできていない、実在していないモノでも実物大で見えるというのはとても分かりやすいとこう評価を得ています。

ヘッドマウントディスプレイをかぶって覗きこめば、モノが自分の目の前にあるように見えます。PC画面で3次元CADを見ている時よりも気づくことが増えるというのが実際に使ってみて感じたことです。

これはVRならではの醍醐味ですね。

pronoDRでのチェック

VR空間で工具を使って実際の組み付けを体験

pronoDR新バージョンでは定規やドライバーなど色々なものが表示できるのがいいですね。

実際に製品を作るときに作業者がどんな姿勢でどういった作業をするのかというのをシミュレーションしながら設計できるのでとても役に経ちました。また、マーカーを表示できたり、ノギスで寸法を測ったりとデザインレビューを行う中で実用的な機能がたくさん追加されているなぁと思いました。

新しいバージョンには線を引く機能があるのですが、設計のフィードバックにとても役に立っています。3次元CADを扱えない製造の人でもデザインレビューのマーキングとしてモデルの中に簡単に線を描けます。描いた線を数値化してCSVファイルとして出力できるので、そのデータを設計にフィードバックできます。

新しいバージョンを使うことによって、設計者も実際の組み付けを想定しながら設計できるようになりました。3次元CADを見慣れていない生産技術・製造の人たちも実際の製品として実体感を持ってモデルを見られるので製造前のデザインレビューで活発に意見や問題点を出してもらえるようになりました。これまで発生していた、実際に試作品を作ってから問題点を修正していたという手戻りを減らすことができたのは一番の大きなメリットです。

今後は海外拠点とデザインレビューする際にバーチャル空間でモデルを共有できると同じ目線で話ができるので、そういった機能があるとうれしいですね。


株式会社デンソーエアクール

長野県安曇野市にある株式会社デンソーエアクール。車両向け空調機器、住宅・業務用空調機器を製造しており、「冷やす・暖める」技術に特化した開発・製造を主な事業として展開している。また、IoTを活用した進捗管理などを行い、工場の簡素化をコンセプトとしている。お客様のあらゆるニーズに応えるため、大物・多種・少量の加工技術を追求している。

お気軽にお問い合わせください TEL 0263-54-0097 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 株式会社プロノハーツ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.