現在、東京ビッグサイトで開催中の「メンテナンス・レジリエンスTOKYO2019」の、工場設備の維持管理・保全技術の専門展示会「第43回 プラントメンテナンスショー」(会期:2019年7月24~26日、主催:一般社団法人日本能率協会)に、プロノハーツの顧客である日鉄テックスエンジさまが出展しています。
 
日鉄テックスエンジさまは、日本製鉄グループの総合エンジニアリング会社で、機械および電気計装のエンジニアリング、コンピュータシステム開発、建築土木、製鉄関連などの複合事業を展開しています。「安全確保、品質確保、低コスト、工期短縮」が信条ということです。会場では、設備診断システム、設備管理システム、メンテナンスエンジニアリングを始め、VR、スマートグラス、作業支援ツールなどを展示しています(ブース番号:W4M-14)。
 
プロノハーツも技術協力として今回のブース接客に参加し、設計支援の仕組みの1つとしてプロノハーツのVRシステム「pronoDR」の実機デモを実施しております。
 
 
pronoDRを使用することにより、工期の短縮や、現場での作業減による安全性の確保につながっているということです。プラントメンテナンスショーにご来場予定の方は、ぜひ体験してみてくださいね!
 
 
なお、日鉄テックスエンジさまのpronoDR活用については、以下のリンクでご案内しています。日鉄テックスエンジさまは大型の製鉄設備の3D化およびVR化に積極的に取り組み、実際に効果も出しています。ぜひご覧ください。