2019年11月23日に、「設計者のための一気通貫 3D CAD講座 in大塚鉄工所」の1日目を開催しました。今回は神奈川県相模原市、「挑戦する旋盤屋さん」大塚鉄工所での開催となりました。当日は少し肌寒く、1日雨天でした。お足元の悪い中、朝早くからお集まりいただき、まことにありがとうございます。
 

伊那からはるばる神奈川へ! 藤崎淳子さん「なんか、伊那の方が暖かかったんだけど!?」

 

あいさつに立つ、大塚正浩さん。あ、ひげがない!? 「勤労感謝の日」の意味についてお話ししていました。皆さんはご存じ?

 
さて今回の自己紹介では、「バイクや車の部品が作ってみたい!」という方が目立ちました。講師の藤崎淳子さんから趣味を聞かれると「これといってないんですけど……、クルマ?」みたいなご回答も多かったのですが、……それが多分、趣味だと思います。やはり、乗り物好きは、モノづくりにご縁があるのでしょうか。
 
 
今回もまた、藤崎さんの3D CADトークから入り、実習を開始。「Fusion 360」を起動し、操作説明を聞きながら、オペレーションをしてみました。UIの説明やモデルの操作、既存データの修正などを、基本的な操作を一通り学びました。また今回も参加者さん同士で教え合う様子が見られました。
 
 
会場の片隅にあった、大塚鉄工所さんが購入していたFDM式3Dプリンタも無事起動! 次回はご参加の皆さんに使っていただけるようにします。またこれを使って宿題のお題を作ろうと検討中です。
 
さて次回、12月7日もよろしくお願いします。